ハッピーメールの正しい安全登録!お得な入会方法!

※当サイトは18歳未満の観覧は禁止です。18歳未満は退場してください【退場する

ハッピーメールトップページ




運営・安全性について


まず、ハッピーメールを利用する際に一番最初に誰もが気になることは、サイトの安全性でしょう。

  • 騙されたり詐欺にあうのではないか
  • 会員はサクラしかいないのではないか
  • お金をたくさん取られるのではないか
  • 個人情報が流出するのではないか
  • 怪しい会社がやっているのではないか

などのことを気にしてしまう人は多いはずです。それもそのはずで、出会いサイトというものが定着するまでにはいろいろとトラブルもありました。

利用者がサイトを悪用することで警察が絡むような事件に発展したり、悪質なサイトがサクラを利用して利用者からお金を取ったり……などなど、出会いサイトに嫌なイメージを持ってしまう人が多いのは正直無理もない話でしょう。

しかしハッピーメールの場合は、結論から言うととても安全で優良なサイトとして知られています。

まず、ハッピーメールは株式会社アイベックという会社が運営するサイトになります。

株式会社アイベックは、30年以上続く非常に大きな会社で、ハッピーメールの運営以外にもコインパーキング事業、再生可能エネルギー事業など幅広く手掛けているのが特徴です。

会社の規模からしてまず怪しい雰囲気は伝わってこないでしょう。従業員80人、資本金1000万円もある会社ですから、そもそも出会いサイトで不正なんて行っていたらとんでもない不祥事になるはずです。

その証拠に、ハッピーメールは数ある出会いサイトの中で2001年からスタートした老舗にあたります。

この歴史の長さが安全性を一番分かりやすく物語っているのではないでしょうか。

もちろん、このサイトの運営者の私も10年以上ハッピーメールを課金して利用していますが、今まで一度も詐欺や迷惑メールなどの悪質行為を一切受けたことはありません

出会い方の特長

ハッピーメールの使い方


ハッピーメールの出会い方をまずは簡単に知っておきましょう。出会いサイトを利用したことがない人は、そもそも何をどうやって使っていけば相手と出会えるのか、何も分からない人は多いはずです。出会い方の手順としては、

  1. 相手のプロフィールを見る
  2. 気に入った人にメッセージを送る
  3. メッセージの返信を貰いやり取りする
  4. LINEやメールなどの連絡先を聞いて出会う

基本的にこの流れになります。

ハッピーメールに登録すると、異性の会員のプロフィール情報がたくさん見られるようになります。プロフィールの内容、写真などを見て気になる人がいたら、その人にメールを送りましょう

相手も自分のことを気に入ってくれたら、その後はメールが返ってくるので、そのままサイト内で自己紹介も兼ねてしばらくやり取りをしましょう。

そして最終的に実際に会う流れに持っていきます。気が合いそうな人だと感じたら、何回かやり取りをした後にLINEやメールアドレスなどの連絡先を聞き、合うための約束を取り付ける…というかたちになります。


正しい安全登録方法

ハッピーメール登録画面


ではまず、実際に会員登録する方法を見ていきましょう。ハッピーメールの公式サイトもしくは公式アプリ内から、新規会員登録をすることができます。

女性の場合は基本的に全て無料ですが、男性の場合も登録は無料なのでまずは安心して登録してみてください。

  • 名前(ニックネーム)
  • 居住地
  • 年齢
  • 電話番号(二重登録を防ぐために認証が必要。情報は一切公開されません

これらの情報を入力して電話番号の認証が済めば、会員登録は完了です。

また、別の方法としてFacebookのアカウントで認証して会員登録をする方法もあります。

Facebookには名前や居住地、年齢などの情報を既に登録してありますから、この方が手っ取り早く済む登録方法でもあります。

ちなみにFacebookの方にはハッピーメールを利用していることは一切出てきませんもちろんハッピーメール側にも本名が公開されてしまうことはないので安心しましょう。

正しい年齢認証方法

ハッピーメールの年齢確認完了画面


ハッピーメールは18歳以上でなければ利用できません。そのため不正利用を防ぐためにも、登録時は全員年齢確認をする必要があります

登録自体は年齢確認を行わなくても完了します。ですが年齢確認を済ませないと、ハッピーメールの機能がほぼ何も使えない状態なので、前に進むことができません。

早いうちに年齢確認は済ませておきましょう。年齢確認の方法は二つあります。

@本人確認書類を使った年齢確認

運転免許証などの本人確認書類をスマホ等で撮影し、その画像を専用フォームから送信する方法です。

ちなみにこの時、しっかりと全部の情報を写真に映す必要はありません

  • 生年月日(年齢が分かる記述)
  • 証明書の種類
  • 証明書の発行者

これらが映っていれば確認は可能なので、名前や写真などの部分は塗りつぶして加工するなどし、送ると良いでしょう。

基本的には運転免許証を利用する人が多いでしょうが、学生証や健康保険証、パスポート、住基カードなどでも確認は可能です。

免許証認証

保険証認証


Aクレジットカードを使った年齢確認

もう一つの確認方法として、クレジットカードを使った確認方法もあります。専用フォームからカード番号・有効期限・カード名義を入力し、任意のポイントを購入することで年齢を確認する方法です。

女性の場合は基本的に無料で利用できるため、年齢確認をするとすれば上の確認書類の写真を送る方法にはなるでしょう。

しかし男性の場合は、基本的にメールを送るなどのことはポイントを購入しなければ利用できないため、手っ取り早くここでポイントを購入し、年齢確認もまとめて済ませてしまった方が楽かもしれませんね(ポイントは100円から購入できます)。